ホントに二重まぶたになれる?アイホーンにチャレンジしました!

HOME » アイホーンで二重まぶた体験

アイホーンで二重まぶた体験

このカテゴリでは、アイホーンでどのように二重まぶたを作っていくのか、その方法や注意点、また、サイト管理人と友人の体験談などをご紹介しています。

経験者が語る、アイホーンで二重にするコツ

アイホーンで二重まぶたを作るのには、実はコツが必要です。慣れれば簡単なのですが、最初はなかなかうまくいかない場合も多いのです。コツをつかめないうちに諦めてしまい、「なんだ、ぜんぜん効果ないじゃん!」とおっしゃる方も、かなりいらっしゃいます。

このような話を聞くと、「なんだか面倒くさそう…」と思う方も多いと思いますが、そんなことはありません。

アイホーンでは、アイスタビライザーとよばれる専用器具を使って二重まぶたを作ります。この機器は、シワを深く折り込むようにラインを作るので、接着液を付けなくても、一時的に作った二重のカタチを確かめることができます。

つまり、アイホーンを買ったら、はじめから液を使わず、まずはアイスタビライザーだけで、キレイなラインを作れるようになるまで練習すればいいのです。納得のいく線が作れるようになったら、今度は液をつけて練習してみましょう。お風呂前の短い時間に試してみてください。3日も練習すれば、コツがつかめるはずです。

万が一、普段の生活でまぶたが戻ってしまっても、心配しないでください。アイホーンの良いところは、液が透明で目立たないところです。だから、ラインがくずれてしまっても、他の人に、二重を作っていたことがバレずに済むのです。

別ページには、アイホーンの使用方法で悩んでいる方に、少しでもコツをつかんでいただけるよう、体験をもとに使い方の手順や注意点などをまとめました。体験談と合わせてご覧いただき、参考にしてみてください。

アイホーンで理想的な目元に!

理想的な目元とは、まつげの生え際がすべて見えている状態を言います。そして、このような目のことを、アーモンドアイと呼びます。

アイホーンのアイスタビライザーは、上まぶたの肉を押し込むことで、たるみや重さをなくし、まつ毛の生え際が見える状態にすることができます。また、まぶたの脂肪燃焼効果もあるので、腫れぼったさも解消されます。

まぶたが痩せ、しっかりとクセづけができると、まつげの生え際がはっきり見えるようになります。そして、今までふさがっていた目の上の部分がなくなるため、物理的に目を大きく見せることができます。

つまり、アイホーンでは、誰もが憧れるアーモンドアイを、カンタンに手に入れることができるのです。

 
ページの先頭へ