ホントに二重まぶたになれる?アイホーンにチャレンジしました!

HOME » あなたはどのタイプ?二重まぶたの種類

あなたはどのタイプ?二重まぶたの種類

私たちのまぶたには大きく分けて「一重まぶた」「二重まぶた」の2種類がありますが、ひとくちに「二重まぶた」といってもいくつかの種類に分類することができます。 ここでは、二重まぶたの種類と、それぞれの目の形が与える印象についてまとめています。

二重まぶたは大きく分けて3種類

【平行型】

平行型は、目頭から目尻にかけての二重の幅が一定のものをいいます。この型の二重は欧米人に数多く見られ、世界的に見ても二重の種類の中で一番多いのは平行型であると言われています。

【末広型】

目尻に向かうにつれ、二重の幅が広くなっていく二重のことをいいます。この型の二重は日本人に多く見られ、目頭を覆う瞼である“蒙古ひだ”のある二重の人は末広型になることが多いようです。(因みに、蒙古ひだは西洋人にはありません)末広型は、ナチュラルメイクに映える二重と言われています。

【奥二重】

二重の幅が極端に狭くなっているので、人によっては一重に見える場合もあります。「自分は一重だと思っていたけれども実は奥二重だった!」というケースも珍しくありません。

目の形が与える印象は?

【平行型】

○幅の狭い平行タイプ
大人しい印象の二重です。スッピンでも割と大きな目に見えるのが特徴。人によっては二重の手術だけでこの目をつくるのが難しく、目頭切開が必要な場合も。

○幅の広い平行タイプ
二重の幅が広く、平行型は目を大きく見せることができるので、ギャルの間で流行っている型です。つけまつ毛やラインなど、アイメイクをしっかりと盛りたい人向け。また、欧米人に多い型なので、ハーフっぽい印象を出すことも可能です。手術なら埋没法でもこの形をつくることはできますが、切開法の方が向いていることもあります。

【末広型】

最も自然で、日本人にいちばん似合うと言われている二重です。老若男女問わず、誰からも愛される自然な二重になりたい人はこの型が最適。ナチュラルメイク派の人に向いています。

末広型は、基本的には目尻に向かって二重の幅が広くなっていくのですが、稀に目頭に向かって二重の幅が広くなっている人がいます。目頭に向かう末広型はタレ目に見え、かわいらしく、おっとりとした雰囲気になります。

【奥二重】

奥二重に見えるのには2つの理由があります。まずひとつ目は、瞼が腫れぼったく、瞼が二重を隠してしまって奥二重であるパターン。ふたつ目は、二重の幅があまりにも短いので奥二重になるパターンです。

前者は、瞼が厚く腫れぼったいので、あまりスッキリした目には見えません。後者は、単に一重である場合と比べると、スッキリと見えます。

どんな型にも対応できるアイホーン

ここまで、さまざまな二重まぶたの形や印象を紹介してきましたが、どの型にもそれぞれの良さがあることが分かって頂けたと思います。しかし、手術で二重を作ってしまうとずっと同じ型になると同時に、修正が効きにくいというのも心配ですよね。

そんな人にこそ使ってもらいたいのが「アイホーン」。これを使えばなりたい二重まぶたを簡単に叶えることができます。コツをつかむまでは練習が必要ですが、慣れてしまえばどんな型も作ることができるので、手術を考える前に是非一度使ってみてはいかがでしょうか。

 
ページの先頭へ