ホントに二重まぶたになれる?アイホーンにチャレンジしました!

HOME » アイホーンこぼれ話 » アイホーンを使った二重メイクテク

アイホーンを使った二重メイクテク

 このページでは、アイホーン使用中にオススメなメイクテクニックを紹介しています。

まずはアイホーンで二重にしてから

メイクはアイホーンで二重にする前?それとも後?…と迷う人もいるかと思います。そんな場合は、断然アイホーンの後にメイクをすることをオススメします。

アイホーンの前にメイクをしてしまうと、アイメイクの油分や粉でアイホーンの接着剤が弱まってしまいますし、アイホーンの接着剤の筆に、メイクの成分がついてしまい不衛生です。まずはアイホーンで二重にしてからメイクをした方が、自然な二重メイクに近づけます。

アイホーン向けのメイク方法

アイホーン使用中ならではの、より自然に魅力的に二重に見せるメイクのコツです。

クリームタイプのアイシャドウがオススメ!

指先でぽんぽんとたたきながらまぶたに色をのせられるクリームタイプは、アイホーンで作った線がよれずにきれいに出せます。色も、パールやゴールドが入った光沢系の色味を選ぶと立体感が出ていいです。

パウダータイプは筆を使う

手持ちにパウダータイプのアイシャドウしかない人は、付属のチップではなく筆で色をのせるといいですよ。チップでこするとラインがよれやすいんです。筆で優しく色をのせるとラインがよれず、自然な二重メイクができます。

ホットビューラーを使おう

アイホーンで二重にした後のまつ毛って引っ張られて上向きになりますよね。その角度に合わせてビューラーをあてた方が自然です。まぶたを挟み込まないホットビューラーは、アイホーンの後のメイクに大活躍。普通のビューラーよりもカールがきれいに出て長持ちするところもいい感じです。

アイライナー

アイライナーは、アイホーンの前にやるかどうか迷うメイクかもしれません。私がアイラインを引くときは、アイホーンの接着剤がついていない、まつ毛の生え際ぎりぎりに引いています。

気分によって目尻をはねさせたり、下まぶたまでつなげたりしています。黒目の上を太くすると目が大きく見えるので意識して引いています。アイライナーは滲みにくくて、堅さもあるジェルタイプを使っています。でも、自分が一番使いやすい物を使うのがベストだと思います。

以上が私なりのメイクのコツです。人によっては、アイラインはアイホーンをする前に引いた方がラクとかあるかもしれませんね。いろいろ試してみて、一番ベストなメイク方法が見つかるといいなと思います。

 
ページの先頭へ