ホントに二重まぶたになれる?アイホーンにチャレンジしました!

HOME » アイホーンこぼれ話 » アイホーンはかぶれにくい?

アイホーンはかぶれにくい?

アイプチやアイテープを使っていて、まぶたがかぶれてしまった、という話をよく耳にします。中には、一重の自分を見せたくないために、かぶれていてもアイプチなどを使い続け、悪化してただれてしまう、という方もいるそうです。まぶたは皮膚が薄く、とても敏感な部位。自分で二重にするときは、注意して扱うようにしましょう。

アイプチでかぶれてしまったら

アイプチ使用によるかぶれは、「接触皮膚炎」という症状にあたります。物が接触することによって引き起こされる炎症で、化粧品などによっても発症することがあります。当然いたずらに触れたり、掻いたりということはしてはいけません。この症状が出た場合は皮膚科に行くのが一番望ましいですが、以下に、自分でできる対策について紹介します。

かぶれた原因のひとつとして、接触していた物になんらかの刺激物質が含まれていたということが考えられます。まずは、アイプチなどの使用を中止し、できるだけまぶたに物が接触しないようにして下さい。一重を見せたくないという気持ちはあるかもしれませんが、症状が悪化してしまってからでは手遅れです。患部を清潔に保ち、あまりいじらないようにしましょう。

応急処置としてできることは、とりあえず冷やしてみること。また、皮膚がかさかさになっている場合は保湿も大切です。良いといわれているのは、馬油ひまし油など。ステロイド剤を処方されることもありますが、肌が弱い方は負けてしまうこともあるそうです。様子を見て保湿剤などを適宜使用するようにしましょう。

皮膚科では、多くの患者がアイプチ使用によるかぶれを訴えて来患しているそうです。単純にまぶたという部位が敏感であるという要因もありますが、アイプチに含まれている「ラテックス」という成分がかぶれを引き起こしている、とも言われています。二重をあきらめきれないという方には、埋没法などのプチ整形か、アイホーンなどのラテックスを使用していない製品がオススメです。

 
ページの先頭へ