ホントに二重まぶたになれる?アイホーンにチャレンジしました!

HOME » 自然に二重になる方法を比較 » 奥二重を自然な二重にするには

奥二重を自然な二重にするには

二重まぶたの中でも特に厄介なのが奥二重。せっかく二重でも望んでいない位置では目元の印象は全然違います。アイプチ商品でこんな奥二重を修正する方法と注意点を紹介します。

重そうに見える奥二重をくっきりパッチリ目元にかえてくれる必殺技はどんなもの?アイプチやアイホーンを使って目力増強作戦を成功する秘訣を伝授します。

日本人に多い奥二重

日本人の典型的な顔に代表されるのが、ちょっとはれぼったい目元。でも、やっぱり憧れるのは外国人のような堀の深い目元やぱっちり開いた目力のある目。

しかしこの奥二重を綺麗な二重にするには、コツがいるんです。

まず二重は、まぶたがしわを挟んで上と下で薄くかぶさる状態をいいます。これが、目を開いたままでもしわがくっきりと見え、目のちょうど際の部分とそのしわの間に幅があるのがきれいに見える二重です。しかし、日本人に多いといわれる奥二重は、まぶたの上部分の皮膚が厚く、しわの上に必要以上にかぶさってしまい、目を開けると目の際としわの間の幅が隠れてしまう状態にあります。こうなるとまぶたはさらに厚みを増して見えるため、一重の人よりもっとはれぼったい目に見えてしまうのです。

アイプチやアイホーンで奥二重を綺麗にする方法

奥二重をきれいな二重にするには、アイプチやアイホーンが手軽で簡単です。その方法やコツを紹介していきます。

まず、付属のプッシュ棒を使って二重のしわのラインどりをします。奥二重の人は、通常のラインより上の部分にラインどりをした方が目を開いた時にきれいな二重に見えます。

次に決めたラインの下に数ミリごとにアイプチを塗っていきます。アイプチを塗るときには目尻は避けます。目尻までびっちりつけるととても不自然になりますので注意してくださいね。

アイプチが乾燥したら最初のラインの中心から目尻に向かってプッシュ棒で皮膚を押し込みしわを作ります。ポイントは、目尻を作りすぎないこと

ここまでは一般的ですが、奥二重の場合しわの位置や深さ、高さによって印象がかなり変わります。失敗を避けるためには、前もってどの位置が理想的かをよく観察してから行う方がいいでしょう。わずかなずれでずいぶん印象が変わってきます。

綺麗な二重のしわのラインは、目の際から4ミリくらいといわれています。しかし、奥二重では目を開いた時の皮膚のかぶり具合や端から端までの長さ、位置は個人差がありますから目指す二重になるには、練習が必要かもしれませんね。

皮膚へのダメージを少なくするならアイホーンがオススメ

アイプチは本来接着剤で皮膚を接着してしわを作ります。ですから、皮膚へのダメージは少なくありません。特に奥二重の人は、皮膚のかぶり具合が深いためそれをきれいな二重にするためにはやや強めに接着したり、接着剤の量や時間が余分にかかることもあります。

アイプチ商品に含まれているラテックスは、場合によっては目や皮膚に刺激となりダメージを与えてしまうことがあります。

ですから、奥二重のようにやや頑固な修正の場合、アイプチで長期間接着するよりは、ラテックスが配合されていないアイホーンできれいな二重になるようなしわのクセをつけてしまった方がダメージは少ないといえるでしょう。

特に目の周りの皮膚は薄く敏感ですから、アイプチで刺激をするのは短時間にしておきたいものです。

 
ページの先頭へ